自分で着つけてあげたくて

現在中学三年生の娘がおります。
私自身が私の母よりも大きく育ってしまい、裄がどうしても合わなくて母の振袖を着ることができませんでした。

遺伝でしょうか私の娘も背が高いのです。当然裄も長くて、図ってみると74センチもあるのです。
これではとても既製品や、レンタルでは探し当てられません。

親しくしているきもの屋さんにもうお長居してあるのでちょうどよく見つかるかとは思うのですが、ちょっと気が気ではありません。

おそらくこうなるであろうと小学6年生の時に十三参りをさせたくて、ネットオークションで4万5千円ほどの中古のフルセットを買って着付けの練習をしました。

13歳に着せるにはちょっと渋かったのですが、きものは肩から腰に掛けて茶色の地色に大きな熨斗目模様があるもので裾に向かって暗めの青の地色にかわり鼓などの和楽器の模様がついています。帯はすこしラメの入った桜吹雪で青色の川が夕焼けに燃えているような模様です。またこれには赤い帯締めで大き久手少しピンクが買った透明なビーズが通っています。飾り結びもできるように少し長めのものです。

長じゅばんには赤い地に桜の花びらと鼓の刺繍があるとても華やかなものです。
このころにはもう私の背をおいこしかけていましたので69センチの裄もぎりぎりでした。

身長があるので帯も大ぶりな柄のものがよく生えます。
まだ成人式には間がありますが、しばらくはこの振袖で、私自身が本番に着つけてあげたいので練習しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です