本当に気に入った振袖を着させてもらいました

私が初めて振袖を着たのは、もう遠い昔、約20年前以上前の成人式です。その頃は今のように楽しめるイベントも多くなく、成人式はしばらく会っていない友人にも会える1日でした。

そんな訳で私も「どんな振袖を買ってもらおう」と力を入れていたのですが、今思うと結構な買い物だったと思います。
最近は着物自体を着る事もなく着物の値段も詳しくわからないのですが、今よりも高かったような気がします。
でも親心だと思いますが、娘に少しでも良いもの似合うものを着させたいと思った両親は奮発して振袖を購入してくれました。

デパートで数点の振袖を見た結果、私が気に入ったのが総絞りモノでした。赤と紺の絞りが入った地味な振袖だったのですが、何とも品があって自分の気持にピタッと寄り添ってしまいました。
もちろん値段は高く、欲しいけど「これがいい」と言えない気持ちだったのですが、それを察した母が「自分が着たいと思ったものにしなさい」と言ってくれたので、その振袖にしました。

買ってもらった後は「これだけお金があったら」と思いましたが、やっぱり成人式に着られた事は幸せだったと思います。

友人にも素敵だねなどと言われ、その日は本当にウキウキでした。
その後は謝恩会、結婚式、結納などで何度か袖を通しました。そんな時の自分の写真を見ると、自分で言うのもおかしいですが似合うなって思います。

今は年齢的に着る事が無理ですが、頑張って買ってくれた両親のために大切に持っていたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です